君たちはどう生きるか 2.5

ディレクター 瀬戸口さんチョイス

宮崎駿監督が「風立ちぬ」以来10年ぶりに手がける長編アニメーション作品。「千と千尋の神隠し」で当時の国内最高興行収入記録を樹立し、ベルリン国際映画祭でアニメーション作品で初となる金熊賞、ならびに米アカデミー賞では長編アニメーション賞を受賞。同作のほかにも「風の谷のナウシカ」「もののけ姫」「ハウルの動く城」などスタジオジブリで数々の名作を世に送り出し、名実ともに日本を代表する映画監督の宮崎駿。2013年公開の「風立ちぬ」を最後に長編作品から退くことを表明した同監督が、引退を撤回して挑んだ長編作品。宮崎監督が原作・脚本も務めたオリジナルストーリーとなり、タイトルは、宮崎監督が少年時代に読み、感動したという吉野源三郎の著書「君たちはどう生きるか」から借りたものとなっている。【映画.com引用】

デザイナー・イラストレーター 志摩くんの感想

リアル劇場鑑賞はもののけ以来のジブリ最新作

2

こんにちは!今回は、話題のジブリ最新作映画「君たちはどう生きるか」を見に行きました。

御大、宮崎駿監督の最新作で小説「君たちはどう生きるか」をベースにしたアニメーション、、ということくらいしか事前に明かさないという大胆な?というかジブリじゃなきゃ成立しない宣伝方法で話題となっていましたよね。

自分はこの小説を読んだことがなかったので、ストーリーや登場人物については全く予備知識がありませんでした。
何年か前に新しい装丁で本屋の平積みに置かれていて結構売れ直してましたよね。

全く予測がつかなかったですが宮崎駿監督の作品を劇場でリアルタイムに見に行ったのは個人的にもののけ以来(当時立ち見)ですが今回も期待して観に行きました。

映画の感想としては、、「君たちはどう生きるか」自体はあんまり関係してない、、? なかなか感想に困る映画ですね!笑
あんまり自分の琴線には刺さらなかったです、、

声優陣はthe芸能界的キャストでキムタク氏もハウル以来に再演されてましたね。

個人的な見どころとしては背景美術や人間の丁寧で自然な動作のアニメーションはさすがジブリ、、といった動き方です。

アニメ業界を志望しているような方には舌を巻くようなシーンが数多くあったと思います!

おすすめです!!

フロントエンドエンジニア 七島くんの感想

4

一切予告が出ておらず記事で内容を話していいのか分かりませんので、ジブリ式モールス信号で感想を書かせていただこうかと思います。
(変換した結果はひらがなばかりなのでChatGPTに読みやすく直してもらうといいと思います。)

モールス信号変換ツール
https://morse.ariafloat.com/
「・」=「カ」
「ー」=「ヘ」
「区切り」=「ッ」

ヘカッカヘッカカヘカカッヘカヘヘカッカヘカカッカカカッヘカヘカヘッヘカヘヘッカヘカヘヘッカヘッヘカカヘッヘヘカヘカッヘカッカヘカカッカカッヘヘカヘカッカカッヘヘカカッカカッヘヘカッカカカッヘヘカヘカッカヘッカヘカカカッヘカカヘカッヘヘカヘカッカヘカヘッカヘッヘカヘカヘッカカカヘッヘヘカカヘッカヘカヘカッカヘカヘヘッカカッヘヘカヘカッヘカッ

カヘッカヘヘカッヘカヘカヘッカヘッヘヘッヘヘヘヘッカカカヘッヘカヘヘヘッカヘッヘヘヘカッカカッカカヘッカヘカカッカカッカヘカッカカカヘッカヘカヘカヘッヘカヘヘヘッヘヘヘカヘッヘカヘヘヘッカカカカッヘカヘヘヘッヘヘヘカヘッヘヘカヘカッカカッヘヘッカカヘッカヘカヘヘッカカッヘカカヘカッカヘカカッカヘカヘカッヘヘヘカッカカヘッカヘカッカカヘカカッカカッカヘカカッカカッヘカカヘッカヘヘカッヘカッカカカヘッカヘカッカヘカカッカカッヘヘヘッカヘカヘヘッヘヘヘヘッカヘカッカヘカカッカヘヘカッヘカッカカヘッヘカヘヘヘッヘカヘカッカヘカヘカヘッヘカヘヘッカカッカヘカヘカッヘカヘカヘッカカッカカカヘッカカヘヘッヘカッカヘッカカヘカカッヘカヘヘカッカヘカカッカカッカヘカカッカヘカヘカッカヘヘヘカッカカッカヘカヘカッヘカヘカッヘヘカヘカッカカッヘヘヘヘッヘカヘヘッカヘッヘカカカッカヘヘカッヘカカッカカッカヘカヘカッヘカッカカッカヘヘカッヘカッヘカッヘカカカヘッカヘカカッカヘカヘカッカヘヘヘカッカカッカヘカヘカッヘカヘカッヘカヘカカッヘヘカカヘッヘヘカヘカッカヘカヘヘッカヘッヘカカヘッヘヘカヘカッヘカッ
カヘカヘヘッカカッヘヘヘカヘッカヘカカッカカッカヘカヘカヘッヘヘカヘカッカカッカヘヘカッヘカヘカヘッカヘッヘカヘカッカカヘカヘッカヘカヘヘッカカヘカヘッヘカヘヘカッカカヘカカッヘヘカヘカッカカッヘヘカカッカカッヘヘカッカカカッヘヘカヘカッカヘッカカヘカッヘヘッカヘヘカッカカヘカカッヘッカヘカカッヘヘカヘカッカヘヘヘッヘヘカカッカカッヘカッカヘッヘカヘカッヘヘカヘカッヘカッヘヘカカッヘヘカヘヘッカヘカヘカッヘカッヘヘカヘカッカカッカヘヘカヘッカヘカヘヘッカカッカカヘカカッカヘカヘヘッヘカカヘカッカヘカカカッヘカカヘカッヘヘカヘカッカヘカヘッカヘカカッカヘヘカッヘカッカヘカヘヘッカカッヘヘヘカヘッ

ヘカッヘヘカヘカッヘヘッカカヘッヘヘヘヘッヘヘヘヘッヘカカカッカヘカッカヘヘヘカッカカッヘヘヘヘッカカヘッカヘカッヘカッカヘカヘカッヘカッカカッカヘカヘッカカヘッカカヘカカッカヘッカカヘッカカヘカカッヘヘヘヘッカヘカヘッヘカカヘカッヘヘカヘヘッヘヘカッヘカカヘッヘヘカヘカッヘカッカヘカカッカカッヘヘヘカッヘヘヘヘッヘカカカッヘヘヘヘッカカヘッヘカヘカヘッカヘヘカッヘカヘカヘッカヘッカカヘカカッカヘカカッカヘカッヘカヘカッカヘカカッカヘヘヘッカカヘカヘッヘヘヘッヘカカカッカカッヘカヘッカヘカカッヘカヘヘカッカカヘヘッカヘカヘヘッカカッヘヘカヘカッヘヘッカカヘッカヘカカッ

ヘカカヘッヘカッヘヘカヘカッカカッヘヘカカッカカッヘヘカッヘカヘカヘッカカカヘッヘヘカカヘッカヘカヘカッカヘヘヘッカカヘカヘッヘカッカカヘヘッヘヘカヘカッカカッヘカッカヘッカヘカカッカヘカッヘヘカッヘヘカカヘッヘカヘカヘッヘヘカヘカッヘヘカカッカカッヘヘカッヘカッカカッカヘヘカッヘカッカカヘヘッカヘカヘヘッカカッヘヘヘカヘッカヘカカッカカッカヘカヘカヘッヘカヘッヘカッヘヘカヘカッカカヘヘッヘヘカカッヘヘカヘヘッカヘカヘカッヘカッヘヘカヘカッカカッカヘヘカヘッカカヘヘッカヘッカカヘカッヘカカカッカカッカヘカヘカッヘヘヘカヘッヘカヘカカッカヘカッヘヘカカッヘヘカヘカッヘカヘカカッカカッヘカッカカッヘカヘヘッカカヘカカッカカッヘカカカッカヘカヘヘッカカッヘヘヘカヘッヘカヘカカッカカッカヘカッカヘッカヘカヘカヘッカヘカッカヘカヘカッヘカッカカッカヘカカッヘヘヘヘッヘヘヘヘッカヘカヘッカヘカカカッカカヘカッカヘヘカッカカカヘッヘヘカカッカヘカヘカッカヘッヘカヘカカッカヘカカッカカッヘヘカヘヘッヘヘカッヘヘカヘカッカカッヘヘカカッカカッヘヘカッヘヘカヘカッカカッヘカッカヘッカカヘヘッヘヘッヘカヘカヘッヘカカヘカッヘカヘカヘッカヘッカヘカカッカカカヘッヘカヘカッカヘカヘカッカヘカヘヘッカカッヘカヘカカッヘカカヘッヘヘカヘカッヘカッ

カヘカッカヘッヘヘッカカヘッカヘカカッカカッヘカヘッカヘカカッカカカッヘヘヘカヘッカカッヘカッカヘッカカヘカカッヘカヘヘカッカヘカカッカカッヘヘカヘカッカカッヘヘヘヘッヘカヘヘッカヘッヘカカカッカヘヘカッヘカカッカカッカヘカヘカッカヘカッヘカッヘカカカヘッヘカヘカヘッヘカヘヘッカヘカヘヘッカヘッヘカヘヘカッヘヘカカヘッカカヘカカッヘカカカッカヘカヘカヘッヘヘカヘカッカヘヘカッカヘカカッヘヘカッヘヘカヘカッカカッヘヘカカッカカッヘヘカッカカカッヘヘカヘカッカヘッヘカヘカヘッカカカヘッヘヘカカヘッカヘカヘカッカヘカッカカヘヘッカヘカヘヘッカカッヘヘカヘヘッカヘカヘカッヘヘカヘカッカヘカヘカッヘヘカヘカッカヘカヘヘッカカヘカヘッヘカヘカッカヘッカヘヘカッカヘカヘヘッヘカカッヘヘカヘカッカヘッカヘカヘヘッカカッヘヘヘカヘッ

デザイナー・アシスタントディレクター 石迫さんの感想

なんかよく分からなかった、、

1

今月は今話題沸騰中の「君たちはどう生きるか」を観てきました!
感想としては正直よく分からない話だったな、、って感じでした笑

事前情報0で観に行ったので、明るい話なのか暗い話なのかファンタジー系なのかなど全く知らない状態でした。
ですが映画が始まって絵やキャラクターの走り方など、あの「ジブリ」って感じのタッチでテンションが上がりました!

冒頭を観た時は戦争の話なのかと思いましたが、鳥が喋り出したり魔法みたいな現象が起こったりと結構ファンタジー色強めでびっくりしました。

異世界冒険シーンは終始「今なにしてんだろ、、」と思いながら観ていました。
とはいえ個性的な動物や食事シーンなど、ジブリっぽさを楽しむこともできました!
バタージャム食パン帰って作ろうと思います(^^)

ペリカンやカエル、インコなどの動物がブワーっと集まるシーンがあり、そこはちょっとうわっとなりました笑

生き方のヒントみたいな格言を期待していたのでちょっとガッカリ感は否めませんが、良い映画だったのではないでしょうか!
来月も楽しみです(^^)

ディレクター 瀬戸口さんの感想

鳥こわっ・・・

3

まだ見てなくて楽しみにしてる人もいると思うのでネタバレは避けますが、鳥はまじで怖かったです笑

なんというかシン・ジブリゲリオンを見せられた感覚というか、宮崎駿監督が最後にやりたいことやったのかなって勝手に想像しています。

いわゆる有名なジブリ作品とは一味違って全く子供に見せようとは思わないですねwせめて中学生以上かな。幼稚園児とかに見せたら下手すると泣きます笑

とはいえ個人的にはとても楽しめました。いい意味で冒頭のシーンからはストーリーがどんどんかけ離れていくのが良かったですね。

しかしジブリの作品は毎回声優さんが同じなのか似たような声で、見てるとあ、これ過去キャラのあの人やんとか頭に浮かんで楽しいような混乱するような。

最後の宮崎駿作品になるのでしょうか?

今回は自分セレクトで本当はミッション・インポッシブルとかなんにも考えなくていいような作品がみたかったのですが、この作品は見ておかなければいけないだろうと。結果、見れてよかったです!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

福岡のホームページ制作・運用は
株式会社レッドキリン

営業時間:平日9:00〜18:00

●福岡オフィス
〒810-0042
福岡市中央区赤坂1-12-6 赤坂Sビル2F
TEL:092-726-5550 FAX:092-726-5558

●宮崎出張所
〒880-0001
宮崎県宮崎市橘通西3-10-32
宮崎ナナイロ東館8FATOMica内

メールでのお問合せ
ホームページ制作実績
会社案内

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  • 2023-08-03
contact

ホームページ制作に関することなら、
バナー1個からでもお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

<福岡本社・宮崎サテライトオフィス共通>
平日9:00〜18:00まで。営業・セールス目的のお電話は固くお断りいたします。

092-726-5550 092-726-5550

メールでのお問い合わせ

ご相談をご希望の場合、まずはお問い合わせフォームよりご連絡ください。
確認後、担当者よりご連絡させていただきます。

お問い合わせフォーム

会社案内ダウンロード

社内で検討されたい方のために、弊社の特徴や実績、会社概要などをまとめた会社案内をご用意しています。ご自由にダウンロードください。

ダウンロードはこちら
yahoo!japanプロモーション広告

当社はYahoo!プロモーション広告の代理店です。
(福岡県福岡市中央区赤坂)

採用関連の電話営業やセールス目的でのお電話は業務の妨げとなりますので固くお断りいたします。
一度電話口でお断りした企業様は着信拒否登録をしております。ご了承ください。