注意:2024年から有料化するFigmaの機能「dev mode」

こんにちは、デザイナーの志摩です。

今日は、Figmaの機能の一つである「dev mode」が2024年から有料となる件についてまとめました。

「dev mode」とは

「dev mode」とは、2023年6月22日に開催されたFigma主催のイベント「Config 2023」で発表されたFigmaで作成したデザインをコードに変換してくれる機能です。

ある日Figmaを開いたらアップデートで見た目が代わり、気づいた人も多いのではないでしょうか。

「dev mode」の使い方

Figmaのプロジェクトを開き、右上にある「dev mode」のボタンをクリックすることで使用することができます。

公式:https://www.figma.com/ja/dev-mode/

この新機能によってフォントや色、レイアウトなどのCSSを手軽にコピーすることができます。

Visual Studio Code向けの拡張機能も存在しており、コーダーがデザイナーに確認する手間などもかなり減らすことのできる強力な機能です。

自分も実際にこの機能をよく使っており、コーディング時にはかかせない非常に便利な機能だと感じています。

2024年から有料化!

しかしこのdev mode、2023年一杯はあくまでベータ版として無料開放していますが2024年から有料となる予定です。

有料化に関する公式の料金ページ:https://www.figma.com/ja/pricing/

具体的には無料アカウント(スターター)では使用できなくなり、有料のプロフェッショナル以上限定の機能になっていきます。

さらにビジネスプランでは1シートあたり月額25ドル、エンタープライズプランでは1シートあたり月額35ドルの追加料金を払って使用することになるようです。 ※1シートとは1アカウントのこと

高い。。ビジネスプラン以上でつかっていたユーザーや機能自体なくなってしまう無料ユーザーからは不満の声があるのではないでしょうか。。

まとめ

Figmaは新しい業界標準ツールになる勢いですが特にホームページ制作会社など組織で使用している場合、課金するうちにとんでもなくお金がかかっていた!なんて事もありそうです。。

今後もこういった、最初は無料で囲い込む系のウェブサービスについては使用頻度などを考えて各々金額に対して見極めが必要そうです。

著者:

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

福岡のホームページ制作・運用は
株式会社レッドキリン

営業時間:平日9:00〜18:00

●福岡オフィス
〒810-0042
福岡市中央区赤坂1-12-6 赤坂Sビル2F
TEL:092-726-5550 FAX:092-726-5558

●宮崎出張所
〒880-0001
宮崎県宮崎市橘通西3-10-32
宮崎ナナイロ東館8FATOMica内

メールでのお問合せ
ホームページ制作実績
会社案内

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

contact

ホームページ制作に関することなら、
バナー1個からでもお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

<福岡本社・宮崎サテライトオフィス共通>
平日9:00〜18:00まで。営業・セールス目的のお電話は固くお断りいたします。

092-726-5550 092-726-5550

メールでのお問い合わせ

ご相談をご希望の場合、まずはお問い合わせフォームよりご連絡ください。
確認後、担当者よりご連絡させていただきます。

お問い合わせフォーム

会社案内ダウンロード

社内で検討されたい方のために、弊社の特徴や実績、会社概要などをまとめた会社案内をご用意しています。ご自由にダウンロードください。

ダウンロードはこちら
yahoo!japanプロモーション広告

当社はYahoo!プロモーション広告の代理店です。
(福岡県福岡市中央区赤坂)

採用関連の電話営業やセールス目的でのお電話は業務の妨げとなりますので固くお断りいたします。
一度電話口でお断りした企業様は着信拒否登録をしております。ご了承ください。