日々の業務やホームページの運用におけるChat GPTの活用例

お客様からもよく質問や情報共有をいただくようになったChat GPT。活用されている会社様も多いのではないでしょうか?
今回は日々の業務やホームページの運用、WEBマーケティングにおけるChat GPTの活用例を紹介したいと思います。

定型文の作成やメールの文章作成に使う。

例)私の会社は株式会社レッドキリンといいます。
明日の朝、パートナーのエンジニアさんに通常は10時業務開始のところ9時に開始してほしい旨、礼儀正しくお願いする文章を考えて。

例)私の会社は株式会社レッドキリンといいます。
今年の夏季休業は8月11日〜15日であることをお取引先様に通達する文章を考えて。

例)お客様から下記のようなメールをいただきました。
—原文—
上記に対して丁寧にお断りする返信文を考えて。

ブログの執筆に使う。

例)私の会社は株式会社レッドキリンといいます。
先日A社さんからホームページリニューアルの依頼をいただきました。
業種はクリニックで課題はアクセスアップと集患です。
ご依頼の経緯は長年お付き合いのあるB先生のご紹介。
とにかく成功向けて尽力していきたいと思っています。
これから制作の進捗なども紹介していきます。
といった内容のブログを書いて。

誤字チェックに使う。文章校正に使う。

下記の文章に誤字があったら訂正して。訂正した箇所はまとめて教えて。
—原文—

下記の文章を謙譲語でリライトして。
—原文—

Googleのレビュー返信に使う。

お客様からgoogleMAPで下記のようなメールをいただきました。
—原文—
上記に対して丁寧にお詫びする返信文を考えて。
上記に対して当たり障りなく返信文を考えて。
上記に対して丁寧に御礼を述べる返信文を考えて。

翻訳に使う。

お客様から当社の通販サイト経由で下記のような問い合わせをいただきました。
—原文—
上記に対しての返信文を英語で考えて。
ちなみに質問にある◯◯は◯◯になります。納期は3ヶ月です。

 

一見万能に見えるChat GPTですが下記のようなことには注意が必要だと思います。

  • 平気で嘘をつく笑
    リアルタイムにネットの情報を収集しているわけではありませんので、回答が間違っている可能性があります。特に最新の情報は取得できていないと考えてください。
  • 著作権の侵害に気をつける
    何かしらネット上の著作権をもつ文章を流用している可能性があります。出力された内容はしっかりとチェックしましょう。
  • 命令の出し方によって精度がかなり変わる
    google検索でも上手な人とと苦手な人がいますよね。Chat GPTも命令の出し方によって出力される情報の精度が大きく変わるため訓練が必要です。

 

いかがですか?他にも工夫次第で使い方は無限大ですのでぜひ日々の業務に取り入れてみてくださいね。

Chat GPTの利用はこちらから
https://openai.com/blog/chatgpt

著者:

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

福岡のホームページ制作・運用は
株式会社レッドキリン

営業時間:平日9:00〜18:00

●福岡オフィス
〒810-0042
福岡市中央区赤坂1-12-6 赤坂Sビル2F
TEL:092-726-5550 FAX:092-726-5558

●宮崎出張所
〒880-0001
宮崎県宮崎市橘通西3-10-32
宮崎ナナイロ東館8FATOMica内

メールでのお問合せ
ホームページ制作実績
会社案内

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

contact

ホームページ制作に関することなら、
バナー1個からでもお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

<福岡本社・宮崎サテライトオフィス共通>
平日9:00〜18:00まで。営業・セールス目的のお電話は固くお断りいたします。

092-726-5550 092-726-5550

メールでのお問い合わせ

ご相談をご希望の場合、まずはお問い合わせフォームよりご連絡ください。
確認後、担当者よりご連絡させていただきます。

お問い合わせフォーム

会社案内ダウンロード

社内で検討されたい方のために、弊社の特徴や実績、会社概要などをまとめた会社案内をご用意しています。ご自由にダウンロードください。

ダウンロードはこちら
yahoo!japanプロモーション広告

当社はYahoo!プロモーション広告の代理店です。
(福岡県福岡市中央区赤坂)

採用関連の電話営業やセールス目的でのお電話は業務の妨げとなりますので固くお断りいたします。
一度電話口でお断りした企業様は着信拒否登録をしております。ご了承ください。