技術Note

単体で最強!?PhpStorm内臓の機能が超優秀!!

前回に引き続きPhpStormの紹介をするのですが、今回はPhpStorm前回のプラグインの記事とは逆に最初から備わっているオススメの機能を紹介しようと思います。

私はPhpStorm以外ではVSCode、Sublime Textを使っていますが初期状態であれば機能の数はPhpStormが圧倒しています。
さらにPhpStormはその一つ一つが他と比べてもとても使いやすく専門のソフトに勝るとも劣らない使い心地です。

今回は多数ある機能の中でも私がよく使う機能を3個紹介したいと思います。

今回も前回と同様に他のJetBrains製エディタでも使用できる機能があると思います。

JetBrains製エディタ一覧(公式サイトを開きます)

diff

この機能がソフトに備わっているのはかなり大きいですも。
瞬時に呼び出せてファイルを比較しながら欲しいところだけ拾ってきたりdiff上でファイルを編集できるのもとても便利です。

特にクリップボードとの比較ができるのはかなり便利です。

後述するFTPやgitとの相性も抜群です。

FTP

この機能は私の中では最もオススメの機能です。

いくつかFTPソフトは試したのですが、正直言って私はどれもパッとしない印象がありました。
ですがPhpStormのFTPを使い始めてから、私はこれ以上のFTPソフトはないと思っています。
FTP戦争を終わらせに来ので、実質シャンクスだと私は思っています。

できることは基本他のFTPでもできることばかりなのですが、それをエディター内から直接アップロードできるので作業効率はかなり上がりです。 さらに、左側のファイルツリーからはもちろん、開いているファイルのタブやPhpStorm内のgitの変更ファイル一覧からもアップすることができます。

サーバーとのファイル比較もできますし、サーバー上のファイルを他のFTPと同じように見ることもできます。
サーバーとファイルを比較して自分で変更したところ以外に違いがあればそれを瞬時にローカルファイルに適用できるのは他のFTPにはなかなかできないのではないでしょうか。

もちろんSFTPでつなぐこともできましここでSFTP接続しておけばそのままワンクリックでSSH接続をすることもできます。

そして、私が一番のポイントと思っているところはGUIで設定をできることです。

VSCodeのSFTPプラグインを試したことがありそちらも便利だったのですが設定がファイルに書き込んでいく形で設定に多少時間を要していましたがこちらはかなりわかりやすくスムーズに設定ができます。

対応するフォルダの設定もfinderから選択するだけで簡単に設定できますし複数登録できるのでサーバーとローカルの構成が完全に対応していない場合でも問題ありません。

git

Gitもエディター内で完結できます。もうデザインファイルの確認以外は単体で済む勢いです。

コミットやプシュやプルはもちろん、編集中のファイルの前のコミットからの変更点をハイライトしてくれたり、素早く戻したり、変更履歴もしっかりツリー表示してくれます。

丁度いいコンフリクトがなかったためスクリーンショットは無いのですが、コンフリクトが起きた時もソフト内のDiffから欲しい変更を選択して解決できます。
ここまでスマートにコンフリクトに対処できるソフトはなかなかないと思います。

先程FTPの紹介のときにも言いましたが変更したファイル一覧をそのままサーバーにアップできるのもなかなか便利です。

これはエディター界のPhotoshopかもしれない。

以上、3つの機能を紹介しましたが正直まだまだ便利な機能は多数存在します。 マクロだったりコード整形だったり、通話機能まで存在します。

これだけの把握しきれないほどの便利機能が存在する制作ソフト、これはエディター界のPhotoshopといっても過言ではないのではないのでしょうか?

著者:

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

福岡のホームページ制作・運用は
株式会社レッドキリン

営業時間:平日9:00〜18:00

●福岡オフィス
〒810-0042
福岡市中央区赤坂1-12-6 赤坂Sビル2F
TEL:092-726-5550 FAX:092-726-5558

●宮崎出張所
〒880-0001
宮崎県宮崎市橘通西3-10-32
宮崎ナナイロ東館8FATOMica内

メールでのお問合せ
ホームページ制作実績
会社案内

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ