LAMB/ラム 3.5

フロントエンドエンジニア 七島くんチョイス

話題作を次々と世に送り出す気鋭の製作・配給会社「A24」が北米配給権を獲得し、カンヌ国際映画祭で上映されるやいなや観客を騒然とさせた衝撃の話題作がついに日本上陸!

ある日、アイスランドで暮らす羊飼いの夫婦が羊の出産に立ち会うと、羊ではない“何か”の誕生を目撃する。2人はその存在をアダと名付け育て始めるが——。

主演・製作総指揮を務めるのは『プロメテウス』、『ミレニアム』シリーズで知られるノオミ・ラパス。監督は、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』などの特殊効果を担当、本作が長編デビューとなる北欧の新たな才能ヴァルディミール・ヨハンソン。衝撃的な設定の中にもリアリティを持った世界観を構築したことで世界から称賛を浴び、第74回カンヌ国際映画祭のある視点部門で《Prize of Originality》を受賞、アカデミー賞®国際長編部門アイスランド代表作品にも選出されるなど批評家からも高い評価を受けた。

その存在はなぜ産まれてしまったのか?前代未聞の衝撃展開が、あなたの想像力を刺激するー。

【映画公式サイト引用 https://klockworx-v.com/lamb/

デザイナー・イラストレーター 志摩くんの感想

いやそうはならんやろ!

3

今月の鑑賞会は話題の配給会社「A24」のLAMBです。
作品が発表された時点で予告編は視聴済みでした。

以下鑑賞中のリアクションです。

・アイスランドの自然がすごい、山半端ない

・序盤のテンポ感ってこれあってます?

・ボーダーコリーかわいい

・予告の羊人間さんってまだ出れない感じですか?

・え、ここまでで第一章!?

・携帯を全力で放り投げる最高な第2章の始まり
人の携帯で自分もやってみたい。

・ここの食事シーンがまじシュール過ぎて最高なので必見です。

・おまえのブレンド具合そんな感じなんだ!?

・食事がつつがなく進行している!
いやいやいや、あれ見て普通にメシはつづかんてw
 楽しそうなので僕も混ぜて下さい

・急な不倫展開!

・その流れから…なんで1回ピアノ弾いた!?

・衝撃の展開であいつが登場する

・なんかセンスっぽい感じで終わった….

個人的な映画の好みでいうともっとIQの低い車が爆発したりゾンビが出てきたりする映画がすきなのですが、1周まわってめっちゃ楽しめました!

複数人で見に行って感想を語りたくなる映画だと思います、みなさんもぜひ〜

フロントエンドエンジニア 七島くんの感想

表現やシナリオに美術的なこだわりを感じました

5

最近の映画やドラマ、漫画と違って全体的に台詞が少なく、
登場人物たちが現状や感情について口に出すことも少ないので、
かなり読解力が問われると思う作品でした。

ですが、そういう余計な言葉を極限まで省くことが、作品の不思議な雰囲気を表現していると感じ監督のこだわりを感じました。

肝心のラストシーンで表現の意図が感じ取れたのでシナリオや表現の作り込みを感じ、
自分の中ではとても良い作品だったと感じたのですが、
正直かなりシーンが意図を読み取るのが難しい部分はありました。
普段から映画の考察をしている人であればもっと読み取れる事があるのでしょうか…?

デザイナー・アシスタントディレクター 石迫さんの感想

暗くて絶望・・・って感じだったけどなんやかんやおもしろかったです!笑

4

日本に上陸する前から話題だったのを耳にしていたので、今回この映画が選ばれてすごく嬉しかったです!!
普段はホラーや不気味系はほとんど観ないので、すごくドキドキしながら映画館に足を運びました。

終始不気味な雰囲気が漂っていて、常に何かが起こりそうでハラハラしながら観ていました・・・

ネタバレになるのであまり書けませんが、”例の”羊の正体?というか全身が映った時は、ホラーを通り越して面白かったです(笑)
その羊のお父さんらしきヤツが出てきたときも、非現実的な存在が急に現れて恐怖よりも面白いが勝っちゃいました(笑)

個人的に一番好きなシーンは、奥さんが羊に向かって「来るな!!!」とブチ切れるシーンです!
ビクッとしましたし、狂ってる感じがよかったです(笑)

シュールな映画が観たい人・マジのホラー映画は怖くて観れない!なんて人にはすごくおすすめです!!

ディレクター 瀬戸口さんの感想

理解不能!理解不能!

2

うぉーっ、なんだこれは。久々にすごい映画だ!
美大に通ってたころ、こんな映像をたくさん見せられてディベートしたような、、何かほろ苦い思い出が蘇ってきた!

淡々とシュールな展開が続き、まったく終わりが想像できない。
ちょっとした動物たちの可愛い描写はクスッときたが、これはホラーなのかサスペンスなのかハタマタギャグなのか。
いや違う!アートだッ!!

最後まで見て「えーーーっ!!」ってなったけど、きっと監督は観客のこんな反応を見ることが目的だったのだろう。
だからこの映画はきっと成功だ。

この映画を例えるなら、そうだ、後半部分のオチを全て省略して、ただのB級ホラー映画と化したカメラを止めるな!だ!
だが待てよ、色んな伏線があったし、2回見ればもっと新たな発見が・・・いや見ない!

自分じゃ絶対選ばない作品。映画鑑賞会の醍醐味を体験できた良作でした!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

福岡のホームページ制作・運用は
株式会社レッドキリン

営業時間:平日9:00〜18:00

●福岡オフィス
〒810-0042
福岡市中央区赤坂1-12-6 赤坂Sビル2F
TEL:092-726-5550 FAX:092-726-5558

●宮崎出張所
〒880-0001
宮崎県宮崎市橘通西3-10-32
宮崎ナナイロ東館8FATOMica内

メールでのお問合せ
ホームページ制作実績
会社案内

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  • 2022-09-29
contact

ホームページ制作に関することなら、
バナー1個からでもお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

<福岡本社・宮崎サテライトオフィス共通>
平日9:00〜18:00まで。営業・セールス目的のお電話は固くお断りいたします。

092-726-5550 092-726-5550

メールでのお問い合わせ

ご相談をご希望の場合、まずはお問い合わせフォームよりご連絡ください。
確認後、担当者よりご連絡させていただきます。

お問い合わせフォーム

会社案内ダウンロード

社内で検討されたい方のために、弊社の特徴や実績、会社概要などをまとめた会社案内をご用意しています。ご自由にダウンロードください。

ダウンロードはこちら
yahoo!japanプロモーション広告

当社はYahoo!プロモーション広告の代理店です。
(福岡県福岡市中央区赤坂)

採用関連の電話営業やセールス目的でのお電話は業務の妨げとなりますので固くお断りいたします。
一度電話口でお断りした企業様は着信拒否登録をしております。ご了承ください。